残業体質な企業の考察と対策

会社生活・職場
Businessman Looking at Clock

「わたし、定時で帰ります」

最近話題になっているドラマのタイトルらしい。

(テレビは見ないけど)

 

個人的には残業反対!1分でも早く帰りたい派です。

「帰りたい」を1日10回は口にしてます(笑)

なんでこんなに残業問題が多いのか考察してみました。

 

残業時間で評価する体質

オーバーワークで売り上げを伸ばしてきた会社にありがちです。

僕も見聞きしてきました。

 

「とりあえず20時までやってみろ」

「今日何時まで残る?」

「○○君は残業して頑張ってる」

 

今いる会社では前月より残業時間が多ければ+1という評価制度があります。

え?って感じでした…定時決まってるよねと。

もちろん無視してます。加点無しでも-1でも構わんのです(-_-)

 

職場(請負先の大企業)でも残業規制はあるけど体質は古い。


始業時間には厳しいのに残業したら偉いっておかしい!

 

そりゃあ、納期に間に合わないとかキリが悪いとかなら仕方ないけど。

 

残業代が欲しい

金銭的に今月厳しいから残る、いわゆる生活残業というやつですね。

このタイプも一定数います。

残ってさえいれば残業代が出るのを利用しているわけです。

家に帰っても暇だという人がする傾向にありますね。

2~3万程度の小遣いが稼げるし、考えなくて済むという点で楽なんだろうな。

 

僕も給料から生活費を抜いたら数万円しか残りません。

でも残業はしない。

 

そもそも家族と過ごしたり、好きな事に時間を費やすのが幸せなハズなのに

残業したらその時間を削る事になります。

 

給料が不足なら副業すればいい。

今はネットもあるし、メルカリやココナラで自分の「好き」や「得意」を

販売することも出来る時代です。

 

このブログも続けさえすれば、いずれ残業代くらいの稼ぎにはなるでしょう。

お金足りない→残業する→時間と体力を消耗するというサイクルでは

豊かな生活とは言えません。

収入源が会社からの給与のみというのもリスクといえます。

 

業務量が多い

どの職種にも繁忙期はあるでしょう。

 

経理なら3月・9月の決算期。

サービス業なら大型連休。

焼肉屋さんの29の日とか。

現場の仕事なら突発工事、装置のトラブルとかあるでしょう。

 

 

それは分かります。

 

でも慢性的に忙しいというのはちょっとおかしい。

適正な労働環境ではないという事になる。

 

僕の場合は上司に言いました。

「これ以上負荷がかかると、責任が持てないので転属希望届けを出します」と。

 

もしあなたが問題のない労働力を提供して、職場が回らないなら

それは会社や上司の責任です。

新人もしくは適正・能力に問題のある社員がいて回らないのも

会社や上司の責任です。

それらをマネジメントするのが会社や上司の仕事だからです。

 

あなたは悪くない。

 

日本企業の残業事情

景気の浮き沈みに対して、企業内部の労働時間を調整してきたのが日本企業。

繁忙期は労働時間を長くする。つまり残業を前提としています。

雇用の維持をするためとは言え、残業の要因になっているんですね。

 

過剰サービスも挙げられます。

例えばガソリンスタンドに行けば店員さんが車の誘導、窓ふき、

ブレーキランプの確認、灰皿のクリーニングまでしてくれるけど海外では驚かれる。

100%を追求するのも負担は大きくなるので考え物。

おもてなしも良し悪しですね。

 

海外の残業事情

電通の過労死事件があったとき、海外での報道は「KAROUSHI」と

表記されてました。

力尽きるまで労働する日本人は理解不能なんだろう。

 

アメリカでもドイツでも残業はあるが、残っていたら

定時内で業務を終わらせることが出来なかったと判断されるらしい。

会社側もマネジメントが出来てないという評価に。

 

さっきのガソリンスタンドの例とは逆でサービスは簡易な内容

 

居残りして働く事を美徳とする日本とは全然違いますね。

 

法律はどうなってる?

まず労働基準法第32条で1日8時間、週40時間と決まっています。

8時~17時の週5出勤がこれ。

 

ただ抜け道があって、これ以上の労働をさせる場合、企業側が

労働基準監督署に届け出をすることになります。

これが労働基準法36条 36(さぶろく)協定です。

 

言い換えると36協定が無いのに残業させるのは違法!

ダメ!絶対!ってやつです。

就業規則を確認してみましょう。

 

会社が変わらないならどうする

ここまで書いてきましたが、自分だけではコントロールできない部分も多いです。

会社の体質や上司の固定観念は簡単には変わりません。

 

僕は20代の頃、上司の暴言に耐えかねて退職しました。

今の職場も不安点は伝えたし、上司との人間関係について

社長に相談もしました。

今は改善部分を様子見というところです。

 

一番良くないのは我慢し過ぎてストレスを受けること。

ずっとその環境にいるより何か行動しましょう。

 

辞めないための我慢より辞めるための準備をまとめました。

  • 節約と貯蓄
  • 周りに相談する
  • 転職サイトの閲覧・登録
  • 自分に出来る副業を見つける

 

後悔のないようにしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました