相性最悪?氷河期世代とバブル世代のギャップ

会社生活・職場

「24時間戦えますか?」

このフレーズを覚えているのはおそらく30代以上。

僕は小学生の頃にCMを見て、大人ってそんなに働くの?と疑問に感じていました。

 

時代は変わりました。

2019年も6月に入り、ちょうど折り返し地点。

元号も平成から令和になっている。

 

そんな中、上司と考え方をめぐって対立したのでまとめてみます。

同じような思いの人も多いんじゃないかな~と。

 

くろ
くろ

氷河期世代の辛み。。。

 

 

就職する前としてからの状況

今の職場は8年前に中途入社で入りました。

今は売り手市場ですが、当時は100年に一度とも言われる就職難

僕も確か10社くらい落ちてます。

 

上司とは配属時からの付き合い。

職種は事務で、PCスクールを出ていた僕は作業的な問題はありませんでした。

それでも未経験の業界だったので、用語から覚えなければなりません。

 

淡々とタスクを進める上司。

請負先に対しても丁寧な対応。

始めの頃は出来る人なんだなという印象を持ってた…

 

先輩は何やら不満を持っていたが当時は分からなかった。

しかし、徐々に疑問が出てくる…

 

仕事の進め方への疑問

一通り仕事を覚え、2年目からは数件担当することに。

先輩に教えてもらいながら、同じ作業をこなしていきました。

 

ここで最初の疑問が!

 

上司は指示するだけで動かない

メインの業務も雑務もトップダウンで部下に流すだけ。

 

どうやら自分は管理者で作業者ではないという認識らしい。

 

少人数で請負先に入り込んでいる環境。

部下が10数名とかならともかく、当時はたったの2名。進捗管理に時間はかからない。

それより自分も動けば早く済むのではという疑問。

 

請負先との細かな調整も先輩が対応。

データ入力その他の雑務も部下任せ。

僕の教育やフォローも先輩に丸投げで他人事の様だった。

 

なるほど、それなら自分のタスクをこなすのも早いわけだ。

丁寧だと思っていた態度も外面がいいだけ。

先輩が不服そうにしていた理由が見えてきました。

 

残業すれば偉い?

残業についても苦悩が!
上司、社風共に残業時間数が多ければ評価が高くなる
未だにこういう会社に勤めてる人もいるんじゃないか?
僕の場合も、前月より時間数が少なければモチベーション下降と判断されてました。
(ちなみに直接言ってこず、勤怠表のエクセルに書き込む陰湿さ)
定時で帰ろうものなら「もう上がれると?」
「誰々は残って頑張ってるみたいけど?」
いちいち干渉してきます。無駄に残るほど暇じゃない!
くろ
くろ

ダラダラ残っても意味ないよね。

付き合ってられんな。

世代間のギャップ

今回は世代という視点から考察してみました。
上司は40代のバブル世代。
高度経済成長期の中で育ち、社会全体がエネルギッシュな感じだった事だろう。
就職難とも無縁の時代。
今みたいにネットが発達しておらず、不景気でもなかったので
収入は会社からの給与のみというのが基本。
会社に依存している状態なので出世欲も高い。
縦社会でもあったので、下の世代への要求も強いと感じます。
一方の僕は30代で、就職氷河期をかすめ、ミニマムライフと言われる世代
小学生の頃にバブルは崩壊し、大学時代は先輩達の就職難を見て警戒していました。
(実際、就活は失敗してフリーターになってしまった…)
遊びや飲み会が派手で、高級車や住宅に関心が高い先輩とのギャップを感じます。
僕らの世代はどっちかというと倹約志向。
政府は副業を解禁し、働き方が叫ばれてる時代です。
収入が会社からの給与のみというのにリスクを感じるし、
終身雇用も終わっているので出世レースに大した興味もありません。
こういった部分も合わないなと思う。
世代について調べたら色々出てきたのでまとめました↓
  • 団塊の世代(1947~1949)
  • しらけ世代(1950~1964)
  • ポスト団塊世代(1950~1955)
  • 断層の世代(1951~1960)
  • 新人類世代(1961~1970)
  • バブル世代(1965~1969)
  • 団塊ジュニア世代(1971~1975)
  • ポスト団塊ジュニア世代(1975~1979)
  • ミニマムライフ世代(1980~1988)
  • ゆとり世代(1987~2004)※1970~1982生まれが就職時氷河期と呼ばれる世代

上司と部下の関係性

先日会社の新人歓迎会があり、社長・課長も来るとの事。
その時の上司からの指示は
「上職より早く来て、最後まで付き合う事」
ウン!この時点で楽しくない
子供を持つ主婦もいた為、「○○さんもですか」と確認すると
「女はいいんじゃない」と一言。
そして女性陣には途中退席のフォロー無し。
あわよくば最後まで同席してもらい、社長の評価をあげようという魂胆だ。
その主婦は11時まで付き合って帰宅したけど、社長はもちろん気にしていない。
後日、上司と話し合いの場を持つことに。
まず飲み会15分前に到着した僕の行動を「早く来れるように仕事早く上げたやろうが」と怒鳴ってきました。
早めに到着している事と社長・課長は気にしていない(特別扱いではなくフラットな関係を好む)事、そして感情的に話すのは良くないと指摘しました。
続けて「おれは今までこうしてきたから君達にも同じように行動してほしい」とトーンを下げて不満を言ってきました。
出た~って感じでした。
8年間ガマンしてきたけど、ここは譲るつもりなど無く
子供より大事な飲み会なんて無いですと返しました。
勘違いしている人もいるけど
上司と部下は役割が違うだけ。価値観を押し付ける権限は無い
話し合いは結局上司が発言を取り下げるという形で決着。
社長にも報告して注意喚起してもらいました。
その後は干渉してこなくなった。

若手が苦悩する古い価値観まとめました↓

  • 上の意見は絶対
  • 残業するのが偉い
  • 業務は部下が動くもの
  • お酒の席で仕事を取るつもり
  • 誰もが出世したい筈と思っている
  • 終身雇用の崩壊に気づいていいない
  • 正論を返され劣勢になると機嫌を取ってくる

思う事

長らく日本経済を支えてきた終身雇用制度、年功序列、労働組合は
終わりを迎えています。
「俺らの若い頃は~」と言っている人たちも
たまたまそういう時代にいただけ。
上下関係や肩書きにこだわる事に意味はありません。
「働き方」と並行して「働く人」の意識も改革していく事が必要な時代です。
下の世代という立場はあるけど、出来るところから変えていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました