大手就職が安心じゃない理由

会社生活・職場

4月も終わりも迎え、世間はGWに入っています。
ボクの場合は10連休!!
そんな連続するもんなの?とちょっとググった所、
「前日及び翌日が祝日である日は国民の休日とする」と祝日法で定められてるんですね。
5月1日の新天皇即位日が祝日になった為、前後日が国民の休日となったワケです。

新社会人となった人はこの1か月どうだったんだろう?
おおまかな仕事内容と流れを聞かされ、研修や簡単な作業を経験した頃かな。
サービス業でなければ大型連休に入っているだろう。
小規模で体力のない企業は別だろうけど。

 

大手企業の待遇

中小企業に比べると、大手の会社は休みや各種手当が充実している。
国が推進する働き方改革にも基本的に取り組む姿勢だ。
フレックスタイムは導入しているし、残業時間にも気を使っている。

僕は大手の請負業務をやっている。
請負元からみると”パートナー社員”。
従業員数は50名程の地元企業だ。

大卒・入社8年目で年収は400万円台。
同じ条件の請負元社員は700万円台と聞く。
(書いてて悲しくなってきた・・・)

休日・勤務時間等の就業スケジュールは合わせている。
(請負元固有の休みは有休扱いになったりしているけど。)

やっぱり大企業の方が有利だ。

 

収入面・休日等以外では人間性が思い浮かぶ。
学歴重視する訳じゃないけど、教養のある人が多い印象かな。

あとは世間体だろうか。
誰もが知ってる企業名を言えば、おじさんおばさんには効果が高いだろう。

クロ
クロ

大企業はブランド力がある。

 

 

歯車になってしまう

はじめのうちは仕事を覚えるのにいっぱいいっぱいで
そんなに気にならないかもしれないけど「やりがい」も大事。

慣れてしまってルーチンワークが続いたらつまらなくなる。
「何の為に勉強してきたんだろう」とか「俺じゃなくても出来るしな」
って自問自答するように…

自分もそうだけど、いつも同じ作業を続けていると
成長が止まってしまうと感じるようになってしまう。

先日、請負元の主任さんが退職しました。

40代の主任で、1年間の休職期間中に転職活動をしていたそうだ。
前々からやりたかった風力発電の業界に行くらしい。
会社規模は小さくなるがやりがいを重視したんだろう。
今の職場は転勤もあるからそれも避けたかったのだとか。

周りが良い会社と評価していても、それを決めるのは自分自身だ。

クロ
クロ

大企業程、業務は細分化していて、各々の役割は決まっているもの

ちびくろ
ちびくろ

ちっちゃい会社はどこがダメなの?

クロ
クロ

一概には言えんけど待遇は良くない。

ただ、請負とかなら就業スケジュール的には請負元の会社と同じ。

 

 

会社の体質

給与や勤務時間等の数字には表れないけど、会社の体質ってあると思う。
IT系ベンチャー企業なんかは時代の変化に敏感。
大企業はその点が鈍い。
働き手の声が上まで届くのは時間がかかる。
提案事項も主任→部長→課長と承認作業が発生してしまうからだ。
社長と直に会う事なんて年に一度もないだろう。
ベンチャーのIT企業とかならテレワークも電子データのやりとりも当たり前だけど、いまだに紙ベースの会社も多い。

クロ
クロ

さっさと電子化すればいいのにいまだに紙を刷ってる。

ちびくろ
ちびくろ

ハンコ押すんだよね。

クロ
クロ

そうそう、大した意味ないんだけどね。

ダイバーシティを謳ってはみても昇給は年功序列だし、
女性で役職付きの人はまだまだ少ない。
正当な評価を受けれないケースが出る事も。
組織としてのフットワークの重さは不満になり得るので注意しておきたい。

大企業でも安心はできない

今多くの企業が経営不振に陥ってます。
45歳以上の全社員にジョブ選択を通達
これはかなりインパクトありましたねぇ…
人件費かかる層はリストラしたいって事ですからね
造船業なら中韓との受注争いに巻き込まれているて大型案件は例年より少ない。
人員削減が予定されている部署だってあるだろう。
ボクの職場もそうだ。
火力発電所のボイラー溶接事業をやっているけど、東京オリンピック以後は大きな工事予定が無い。
原発再稼働との兼ね合いもあるし、例年よりは焦りの色が見える。
車の配管を製作している知り合いの会社は国内シェアは7割らしい。
ところが電気自動車に移行するとそれは見込めなくなるので今は転換期だそうだ。
現状日本経済は深刻。
政府はうまい事言ってるけど、2018年の経済成長率は191か国中166位で先進国ではなんと最下位。(知っている人少ないんじゃないだろうか)
売り上げ好調でも、上の例のようにイノベーションの影響で
舵取りを余儀なくされるケースもある。
この春に内定を勝ち取った人に、冷や水を浴びせるようだけど大企業でも安心は出来ない

大企業にいて思う事

今僕達は時代の過渡期にいるんだと思う。
数年前の当たり前は当たり前ではなくなっていく。
そのスピードが尋常でなく早い。
大手企業にいると、そういった時代の波を感じにくい。
僕の周りにいる請負元の社員もそう。
与えられた業務をこなし、チャイムで時間管理されている。
サークルに所属し、社内イベントに参加。
年度末には定年退職者を表彰。(まるで学校みたい。)
中小企業が持っている危機感は他人事のようだ。
でも年功序列で昇進して定年まで勤めるというスタイルは
既に終わりが見えている。
例え超大手でも、そういう考えでサラリーマンしてたらビジネスパーソンとして置いていかれる。
サラリーマンしながらでも本業以外の勉強をして価値を高めたい。
副業もやって本業以外の収入も考えないといけない。
(政府が副業解禁しているし、非課税の積み立て制度も始まってるのに何もしないのは遅れを取っていると思う)
大企業と請負企業の狭間でそう思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました